Sponsored Link

2015年7月28日

「僕でいいのかな」安藤今季初のヒーローインタビュー書き起こし

7/28 阪神-中日


Sponsored Link




ナゴヤドームのドラゴンズ戦
2点を先制されたタイガースは3回の集中打で一挙6点を奪い逆転勝利








ヒーローインタビューには中継ぎ登板の安藤が登場



安藤は6回、3点差から2点差へと詰め寄られ、なおも二死満塁でバッター和田という場面での登板
12球粘られるも13球目で見逃し三振を奪いピンチを脱する
7回も続投し、一三塁のピンチを作るも無失点で乗り切り福原へとつないだ




ー今日のヒーローはナイスリリーフ安藤投手です
「ありがとうございます。」


ー今シーズン初のヒーローインタビュー、今のお気持ちを教えてください
「いや、僕でいいのかなっていう。すいません皆さん。」

ー皆さんいいですよね!!




ーあの満塁の場面での登板、どんな思いでマウンドに
「素晴らしいバッターの和田さんなので、気持ちだけは絶対負けないように自分を信じて投げ込みました。」


ーその和田選手相手に死闘の12球、最後はストレート見逃しでした。あの場面振り返って
「あそこはインコース真っ直ぐしかないと思ったので、自分の力を信じて投げ込んだら良い結果になって良かったと思います。」


ーまた、イニングまたぎにもなりました。ランナーを背負いながらも無失点でしのぎました
「岩田も粘ってましたし、岩田の勝ちを消すわけにはいかなかったので。なんとか福原さんとオ・スンファンにつなぐことができて良かったと思います。」


ー岩田投手に6試合ぶりの白星をプレゼントする形になりました。やはり先発投手に勝たせてあげたいという思いはあるんでしょうか
「そうですね、岩田もずっと頑張っててなかなか勝ち星がついてなかったんで。今日なんとか勝ち星をつけさせることができてほんとに良かったと思います。」


ー暑い夏の戦い始まったばかりですが、ベテランの力も必ず必要となってきます。ナゴヤドームのファンのみなさんにメッセージを
「まだまだ暑い戦いが続くと思いますんで、皆さん応援よろしくお願いします。」
















0 件のコメント:

コメントを投稿

こちらもオススメ