Sponsored Link

2015年4月24日

川藤幸三、メッセ&マートンにブチギレ「なめたらあかんど!!」








今朝の読売テレビ『す・またん!』
阪神タイガースOB会長の川藤幸三がメッセンジャーとマートンに吠える



やる気の無いような態度を見せる二人の助っ人
いつもとは違った厳しい表情で登場の川藤OB会長





川藤「にこやかな顔はしとるけど今日は、腹ん中は相当…なめたらあかんど!やな。まして野球てそもそも考えてや。一人のもんかい?」

アナ「団体競技ですね。」

川藤「そうやろ。団体でチームが一つになって優勝しようって、お題目かいこれは!?キャンプの時でもマートンでもメッセでも、ワシの前で何言うとったんや。そういう時に口ばっかりで、良い時だけが良い子してる。冗談やあるかいっちゅうねん!!」





まずはマートン





「こんなもんストライクの判定に、このぐらいの事でゴチャゴチャ言うんやったら一人で野球やれっちゅうねん。バッターもやってピッチャーもやって審判もやって守って、どないして野球できるゆうねん。アメリカやったらどうするっちゅうねん。客からファンから一斉にブーいうて終わり。さっさとクビにして終わりやで。」



川藤「自分たちはこれまで実績を残してきた、これも二人の力や、これは認める。だけど実績を残したからこそ、今こそ、チームの低迷という一番の張本人だと自分で反省せんかいと。」


川藤「好不調は人間誰でもあんの。またこの二人の性格は
ほんまに良い性格してんのよ。」

アナ「何があったんですかねこれは?」

川藤「ナメてきたんよ。人間って良くなってきたらどこかで驕った姿って出てくるの。」



DeNA戦でのメッセンジャーについては







アナ「これは何ですかねぇ。」

川藤「なんでか知らないけど。なんでもクソもない。そもそもこんな姿をすること事態が野球じゃないのよ。なんでもかんでも自分の思い通りにならんかったらこんな態度するなんて、冗談じゃないよこんなもん!!」





同じ試合一死一塁でバントの場面でも







川藤「一球目を見て”ちょっと来い!!”って。そういう姿勢も必要なんや。」



「メッセおとがめなし」の報道に



「だからヘッドの立場からいったらこういうくらいの事しか言えない。内部の事はわからない、わからないけどもうちょっとファンが納得するような言葉ってあるわけよ。姿っていうものがあるわけよ。」



川藤「ちょうど巨人の3つ目の時にね、雨で室内練習場やったんよ。監督とタイミング良くマートンの話をしとったんや。確かにあの選手はチームにとって必要なんはようわかる。ただこういう状況になってきた時にはなだめすかすか怒るか、そのへんの判断は監督自身やけど。」

アナ「こういう時のためにオマリーさんがいらっしゃるんじゃないんですか?」

川藤「だからそのオマリーにしても英語は達者かもしれんけど。こういう時こそドーン!!といって、ちょっとこんかい!!と、いかなあかん。」





3 件のコメント:

  1. マートンはともかく、メッセンジャーってここまで悪態つく人だったっけ?

    返信削除
  2. 見逃しのアレは雨の中打って走ると怪我しそうって考えたんじゃねーの?
    出塁してまうと体冷えるし
    バントのヤツは単純にサインミスやろ
    せやから首脳陣もそういう対応をとってるし
    周囲がここまで騒ぎ立てるほどの問題行為では無いと思うんやがな

    返信削除
  3. マートンはともかくメッセは意外過ぎたわ、何やったんやろな

    返信削除

こちらもオススメ