Sponsored Link

2014年12月25日

下柳剛 & 岩本勉によるクリスマス会 後半








昨日に続いて、す・またん!での下柳&岩本クリスマス会
前半を見ていないという方はまずはこちらから





まず引いたテーマは今年のタイガース













岩「もしかしたらって思わなかったですか?」
下「でも第一戦の相手ピッチャーが元阪神のスタンリッジで、インコースを全く投げてこなかった。そこでポンポン打ったけど、次の日の武田くん。コントロール悪いしカーブがどこに来るかわからん。踏み込めなくさせられて、そこから先は全然点取れへん。」
岩「2戦目でバッティングスタイルを狂わされたと。」


岩「ペナントで優勝する阪神も見てみたいですよね。」
下「やっぱりペナントで優勝して日本シリーズ行って欲しいよね。」





下「なんの補強もできてないし。」
岩「補強はちょっと失敗に終わってるかもしれませんね。」
下「来年、阪神は?」
岩「先発ローテーション投手が強いのを最後に見られたじゃないですか。僕はピッチャー強くなってるチームだと思うんで。1試合平均得点が1点くらい上がる得点力になってくると面白いかなとおもてるんですけど。」
下「それとスティール。」





下「ここで走られたらイヤやなぁというところでスタート1個も切らないでしょ。ピッチャーがバッターに集中したいなぁっていう時にちょろちょろいって走るような選手が1人2人いてくれたらもっと面白くなると思う。」
岩「あともし走らないとしても、走ろう走ろうとする、ランナーからピッチャーに牽制をさせるようなランナーが欲しいですね。」

下「俺がやられんのが嫌やっただけやけどな。イラッとしとったもん。」
岩「ピッチャーが嫌な攻撃をしないといけないですからね。」
下「初回から相手の3番バッターがセーフティーなんてしとったら、お前試合出んな言うとったもんね。お前3番自信無いんか〜!!」







さてお次のテーマは
最年長記録を更新した山本昌














岩「教えて下さい!!」
下「俺が思うに、原点はアウトコース、右バッターのアウトコースを基本として練習するやん。右ピッチャーが投げる時に対角線やん、可動域、体にものすごく負担をかけて投げるけど。左ピッチャーがそこに投げる時は負担がものすごく少ない。それを10年20年続けてきた時の体の負担を考えたら故障する確率が違う。」






















山本昌の驚異的な体力の秘密とは…






















下「やるよこのおじさんは、やるやる。今年の正月ハッパかけようよ。」





次のカードを引くが










引いたのはジョーカー
15歳の下さん











お次はメジャー帰りの選手について




ホークス入りの松坂大輔は







岩「手術あけですから。本人が以前のアメリカ行く前の自分の戻ろうとするとややこしいですよね。」
下「ニュー、ネオ松坂でいって。でもまぁそこそこは勝てるでしょうね。」
岩「僕は短いイニングを投げたらどうかなと思うんですよ。」
下「性格的にも抑え向いてそうやしね。」


そしてバファローズ入りする中島裕之は





下「怪我したんだっけな。どうだろうな、勝負勘というので言えば。」
岩「もともとそんなホームランバッターでもありませんし、アベレージですよね。勝負強さは圧倒的に持ってる選手なんで、そのスタイルを崩さなければ。動体視力さえ落ちてなければ打線の中で良い機能するんじゃないかなと思うんですけど。」


岩「オリックス今回ものすごい補強にお金使ってるんですよね。」
下「バリントン、ブランコ、小谷野。・・・小谷野地味やな(笑)」





続いて岩ちゃんが引いたカードは





27歳の下さん








以上でクリスマス会は終了




※『す・またん!』のスポーツコーナーは平日朝5時半頃から生放送













ちなみに二人からの視聴者プレゼントと応募先はこちら








1 件のコメント:

こちらもオススメ