Sponsored Link

2014年12月1日

プロ野球選手が選ぶ『変化球No.1』 2014【すぽると1/100】








すぽるとの1/100企画
第4夜は『変化球ナンバーワン』




まずはこの日のゲスト上原浩治と共にこれまでのナンバーワンを振り返る
なおこの変化球部門は選手への投票ではなく、各選手の球種への投票となっているようです

まず2010は









ダルビッシュのスライダー




さらに翌2011年











同じくダルビッシュのスライダー




ダルビッシュが渡米しいなくなった2012年は











前田健太のスライダー




そして昨年2013は











田中将大のスプリット







そしていよいよ今年2014年のベストスリーの発表








3位はホークス五十嵐のナックルカーブ、5票




↓gif



メジャーで習得したナックルカーブ
元チームメートも脱帽








続いて2位は














2012年の1位だったマエケンのスライダー、14票




↓gif










1位の発表の前に
スピードボール部門1位の大谷が3票で5位にランクイン








↓gif





そしていよいよ1位の発表












1位は金子千尋のチェンジアップ、31票
















↓gif









金子千尋はコントロール部門に続いて2冠を達成





しかし実は金子はこれだけではなく






「どの球種と決められない」という声もあり、金子の「全球種」が4位にランクインしていた













さらにゲスト上原浩治が選ぶメジャーの魔球TOP3も発表






3位はレスターのカットボール




↓gif




2位はブリットンのシンカー




↓gif





そして1位にはディッキーのナックル




↓gif



上原「どこいくかわからない、誰もわかんないですからね。キャッチャーもキャッチャーミットじゃないですからね。ファーストミットでやってますからね。」
石井一久「ナックルっていうのは少し低速な感じなんですけど、ディッキーのは速いですよね。早く変化するナックルですね。」



『スピードボールナンバーワン』はこちら
『強肩ナンバーワン』はこちら
『コントロールナンバーワン』はこちら
『バットコントロールナンバーワン』はこちら
『守備ナンバーワン』はこちら
『走塁ナンバーワン』はこちら
『パワーヒッターナンバーワン』はこちら





0 件のコメント:

コメントを投稿

こちらもオススメ