Sponsored Link

2014年9月27日

岩隈久志、アクシデントで降板?も6回2失点で自己最多15勝目







マリナーズの岩隈、エンジェルス戦に今季レギュラーシーズンの最終登板
ワイルドカード争いのためにも負けられないマリナーズ



序盤から相変わらずの安定感と球数の少ないピッチングでエンジェルス打線をゼロに封じていく岩隈

味方打線が2回裏にモラレスのソロとソンダースの2ランで3点を先制
さらに5回にはアクリーのソロで4点の援護

5回まで無失点の岩隈は昨年の14勝を上回る15勝目への権利を手にする


しかし続く6回
一死の後カルホーンにソロホームランを浴び1点を返される




さらに続くトラウトにもホームラン
2連発を浴びて4-2と2点差に







ここでマウンドに集まるも、岩隈はそのまま続投しこの回は後続を断つ




7回も続投の岩隈
一死をとった後、フリースの打席
2-2からボール球を投げた後に腰を捻るような仕草を見せる岩隈




次の球も投げようとしますが、ここでコーチがマウンドへ






フリースの打席途中ながら岩隈はここで降板



どこかを痛めたのかと心配ですが、ベンチでは笑顔でハイタッチ





そこから両軍得点なく4-2マリナーズ2点リードで迎えた9回
マウンドには抑えのロドニー




先頭プホルスを三振にとるも
続くケンドリックにヒットを打たれ
さらに盗塁とアイバーのタイムリーツーベースで1点を返される




まさかロド川・・・
とヒヤヒヤさせるもその後はしっかり打ちとったロドニー
無事1点差でマリナーズが勝利し、岩隈がメジャー自己最多の15勝目を手にしました








今日も当たり前のように無四球の投球でした






0 件のコメント:

コメントを投稿

こちらもオススメ