Sponsored Link

2014年8月24日

ヤンキー・スタジアムに松井秀喜 トーリ前監督セレモニーで



Sponsored Link



今日ヤンキー・スタジアムで行われたヤンキース対ホワイトソックスの試合前

ヤンキースのジョー・トーリ前監督の永久欠番式典が行われ、松井秀喜も出席しグラウンドに姿を見せました








ベンチからグラウンドへ出て行く松井









トーリ前監督とハグ








スピーチの中では松井についての思い出を語る場面も



「松井は日本では”ゴジラ”の愛称で毎年のように50本を打っていた。彼がスプリングトレーニングに参加してきた時にドン・ジマーが言ったんだ。この手の選手はヒットエンドランのサインを出せば、その選手がどんな選手なのかわかるよ、って。だから私は松井にヒットエンドランのサインを出してもいいか?って聞いたんだ。そしたら松井は”僕はチームのためならどんなサインでも受け入れます”と言った。その瞬間から彼はピンストライプの一員になったんだ。」


英語がわかっているのかどうか、笑顔を魅せる松井




ベンチからは田中将大もこの様子を見つめていました







ヤンキースのユニフォームにはなぜ選手の名前がないのか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

こちらもオススメ